グループリビングの今

reR0017494

 

こんにちは。川崎の建築家、荒木成文です。

今日は午前中に、昨年末竣工した、川崎のグループリビング「おでんせ中の島」へ。

共同で設計をさせて頂いた鈴木アトリエの鈴木さんご夫婦、工事をやって頂いた木匠工務店の専務と一緒に行って参りました。

高齢者10人が住まう共同住宅ですが、現在7名が入居されているようです。

まだ3室空いていますよ!!!皆様!!!笑

風呂トイレ付きのゆったりとした個室が確保され、共同は大きなリビングダイニングのみ。

その共同リビングダイニングに、日々みんなで集まって、夜ご飯を一緒に食べ、時にマージャンしたりして、楽しくお過ごしになっているようでした。

ちなみに空きの3室のうち、1室はモデルルームとして開放していて、いつでもお試しお泊りなども出来るようです!

この建物は、「それぞれの部屋にそれぞれの庭を」ということを設計コンセプトにしていたため、別棟風に建っています。

敷地にゆったりと建っているため、敷地全体に今日も気持ちよく風が流れていました。

庭に畑の作物や木々が生い茂り、建物の輪郭が段々見えにくくなってきました。

こういうのがいいですね、ホント。

建物という人工物が、どんどんと人や植物、生き物によって中和されてくる感じ。。。

いよいよ生活感が出てきて、良い建築になってきたなー、とうれしくなってしまいました。