分析から突破へ

荒木です。

正月パラパラ読んだドイツ社会学者マックス・ウェバー『職業としての学問』に関連して。

何か前進しようとするときは、思い付きやひらめきが必要。

それは机上ではなくて、何か別のこと、例えば僕ならジョギングしてるときに、それは来る。

世の中には、突破する人とそれを分析する人とそらを見るだけの人がいる。と思っていたけど違うな。

見るだけの人。見るだけでなく分析する人、見るだけでなく分析するだけでなく突破しちゃう人。がいるんだな、世の中には。

今日朝ジョギングして良かった。

体重も少し軽くなったし。(笑)